キャッシングを増枠してもらう審査に通りやすくするには?

キャッシングの利用限度額を増やすことができれば、他社で新規契約をする必要もありません。
また、法律で金利の上限が定められているため、限度額が高くなるほど利率が低く設定されます。
そのため、限度額を増枠したいという方も多いでしょう。
キャッシングの増枠には審査が必要です。
増枠審査に通りやすくするには、借入残高が年収の1/3未満か、延滞せずに返済をしているか、住所や勤務先の変更届をきちんとしているかの3点が主に重要です。
キャッシングの会社は総量規制の対象である貸金業法に基づいています。
そのため、他社の借入と合算して年収の1/3以上の借入はできません。
また、4件以上のキャッシングを契約している場合にも増枠の対象から外れます。
延滞をせずに返済をすることは非常に重要な点です。
また、初回の借入日から最低でも6か月以上は返済実績を積み上げる必要があります。
これはあくまでも最低ラインです。
できれば1年以上は返済実績を作ると増枠審査に通りやすくなります。
借入と返済を繰り返してキャッシング会社に、この人は返済能力がある人だと判断してもらえるようにしましょう。
審査の際には個人情報も参照します。
住所や勤務先、電話番号などが変わっているのに届け出をしていないと審査に落ちてしまいます。
必ず変更届をしましょう。